PR

ニュース 国際

中国が処理水海洋放出決定を非難 「極めて無責任」

東電福島第1原発の敷地に並ぶ処理水などを保管するタンク=福島県(芹沢伸生撮影)
東電福島第1原発の敷地に並ぶ処理水などを保管するタンク=福島県(芹沢伸生撮影)

 【北京=三塚聖平】中国外務省は13日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決めたことを受け「深刻な懸念」を表明する談話を発表した。日本が周辺国や国際社会と十分な協議を行わずに「一方的」に決めたとし、「極めて無責任なやり方で、周辺国の国民の利益を深刻に損なう」と非難した。

 中国外務省はホームページ上で発表した報道官談話で、日本政府の決定について「国内外の疑義や反対を顧みなかった」と批判。処理水の処分問題は「日本国内だけの問題ではない」と主張し、日本に対し「自らの責任をしっかりと認識し、科学的な態度を堅持し、国際的な義務を履行し、国際社会や周辺国、自国民の深刻な懸念に反応するよう強く求める」と強調した。

 談話で「国際社会とともに事態の発展に注意を払い、さらなる反応をとる権利を保留する」と説明した。中国外務省は、外交ルートを通じて日本側に深刻な懸念を伝えたと12日に発表しているが、非難を強めていくとみられる。

 中国は、処理水の処分問題への批判のトーンを強めてきている。日本が米国と対中連携を深めていることに対し、中国側が対日姿勢を硬化し始めていることも影響しているとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ