PR

ニュース 国際

英フィリップ殿下の孫、2王子が追悼声明 「女王支えていく」

死去したフィリップ殿下の写真を1面に掲載した英国の新聞=10日、ロンドン(ゲッティ=共同)
死去したフィリップ殿下の写真を1面に掲載した英国の新聞=10日、ロンドン(ゲッティ=共同)

 エリザベス女王(94)の夫フィリップ殿下が99歳で亡くなったことを受け、孫のウィリアム王子とヘンリー王子兄弟が12日、それぞれ声明を公表し「(人生を)奉仕にささげた」と追悼した。ウィリアム王子は「祖父は類いまれな人だった」と振り返り、妻のキャサリン妃と共に「今後何年も女王を支えていく」と決意を述べた。

 ウィリアム王子は殿下について「1世紀にわたる人生を定義するなら、国や英連邦、妻である女王、そしてわれわれ家族に対する奉仕だった」と指摘。「おじいちゃんがいないのを寂しく思うが、私たちが(目の前の)やるべきことに引き続き取り組むことを彼は望んでいるだろう」と強調した。

 英メディアによると、公務を引退し妻らと米国に移住したヘンリー王子は、17日の葬儀参列のため英国に帰国する。声明で、殿下が女王にとって堅固な支えだったと同時に「バーベキューの達人で、冗談を言い合うことを好み、最期までユーモアがあった」と紹介。殿下を忘れないと誓った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ