PR

ニュース 国際

韓国、「国民の安全に影響」 原発処理水で論評

処理水タンクが並ぶ東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)=2月26日(本社ヘリから、川口良介撮影)
処理水タンクが並ぶ東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)=2月26日(本社ヘリから、川口良介撮影)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を13日にも正式決定するとの報道を受け、「韓国民の安全と周辺環境に直接、間接的に影響を及ぼし得る」として、深刻な懸念を示す論評を発表した。

 論評は、韓国政府が日本側に透明性のある情報公開や周辺国との協議を経た決定を求めてきたとした上で、「日本側が十分な協議なしに海洋放出を決定するなら受け入れるのは難しい」と強調した。引き続き日本側の動きを鋭意注視し、国際社会と協力して対応していくともしている。

 処理水の海洋放出をめぐっては、これまでも韓国内での反発が強く、放出が正式決定されれば、日本側に厳しく対応するよう韓国政府に迫る韓国世論が一層高まる恐れがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ