PR

ニュース 国際

核施設トラブルは「テロだ」 イラン原子力当局

 【カイロ=佐藤貴生】イラン中部ナタンズの核関連施設で11日、電気系統のトラブルが発生し、同国原子力庁のサレヒ長官は「テロ攻撃」を受けたと述べた。

 負傷者や放射能汚染はなかったとしている。サレヒ氏は「イランは犯罪者に対して行動を起こす権利がある」と述べ、報復の可能性を示唆した。

 ナタンズの施設では昨年7月にも火災があり、イラン側はサイバー攻撃を受けたと主張していた。同施設には2010年、米国やイスラエルが開発したコンピューターウイルスによる攻撃があったとされる。

 ナタンズでは10日にウラン濃縮用の改良型遠心分離機「IR6型」が稼働したばかり。15年のイラン核合意では、使用可能なのは旧型の「IR1型」に限られており、新たな合意違反となる。高濃縮ウランは核兵器に転用できる。

 イランは先週、欧州連合(EU)の仲介で米側と核合意をめぐる間接協議を始めた。この協議で米側に経済制裁の解除を求め、圧力を強めたとみられていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ