PR

ニュース 国際

市民19人に死刑判決 ミャンマー軍事法廷 国軍関係者死傷で

「国軍記念日」の式典に参列するミン・アウン・フライン国軍総司令官=3月27日、ミャンマー・ネピドー(ロイター)
「国軍記念日」の式典に参列するミン・アウン・フライン国軍総司令官=3月27日、ミャンマー・ネピドー(ロイター)

 【シンガポール=森浩】ミャンマーの国軍系テレビは9日夜、同国最大都市ヤンゴンで国軍関係者を死傷させたとして、軍事法廷が市民19人に死刑を言い渡したと伝えた。事件が起きたのは国軍が戒厳令を出した地区で、殺人や国家への反逆罪は軍事法廷で裁かれる。2月1日のクーデター以降、死刑判決が出されたのは初めてとみられる。

 死刑判決は4月8日に言い渡された。19人は3月27日、ヤンゴンの北オカラッパ地区で武器を持って国軍関係者2人を襲撃。1人を殺害し、1人を負傷させたとされる。19人のうち17人は行方が分かっておらず、指名手配中だという。

 戒厳令下の軍事法廷では被告は上訴できない。国軍が設置した最高意思決定機関「国家統治評議会」議長に死刑判決取り消しを申し立てることは可能だが、受け入れられるかは不明。

 国内では抗議デモが続いており、国軍の弾圧による4月9日時点の市民の犠牲者は618人。国軍報道官は9日の記者会見で「木を育てるためには、雑草は根絶やしにしなければならない」と発言。デモ隊を雑草にたとえ、弾圧を強める姿勢を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ