PR

ニュース 国際

ワクチン供給依然不均衡 WHOが国際協力訴え

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(WHO提供、ロイター)
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(WHO提供、ロイター)

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンの供給に依然として「衝撃的な不均衡」が生じているとして、ワクチンを共同出資・購入し、途上国にも行き渡らせることを目指す国際枠組み「COVAX(コバックス)」への協力を改めて各国に求めた。

 テドロス氏によると、これまでに新型コロナのワクチンは世界で7億回以上が接種された。全体の87%は所得の高い国で接種されたのに対し、低所得国に供給されたのは0・2%。平均すると高所得国では4人に1人が接種したのに対し、低所得国では500人に1人にとどまっている。

 テドロス氏は今月10日までに全ての国でワクチン接種が始まることを目標に掲げてきたが、9日時点で26カ国・地域で実現していない。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ