PR

ニュース 国際

米イラン双方に実行条件提示か 核合意関係国会合が再開 

 【カイロ=佐藤貴生】2015年のイラン核合意をめぐる関係国会合が9日、ウィーンで開かれた。核合意立て直しのため、米国とイランの双方が段階的に実行すべき条件が提示されたとみられる。米国務省によると、協議はいったん中断されて来週にも再開される予定で、今後、手順をめぐる双方の意見の隔たりを埋められるかが焦点となる。

 核合意当事国の英仏独中露とイランは6日、合同委員会を開催。現地入りした米国の代表団は、欧州連合(EU)の仲介によりイランと間接協議した。その後、米国による制裁解除と、合意から逸脱したイランの核開発活動に関して設置された2つの専門部会で、双方が実行すべき条件が検討されていた。

 条件が示されても、米イランともに協議の劇的な進展は見込んでおらず、他の当事国の意向も絡んで難航する可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ