PR

ニュース 国際

シンガポール、次期首相候補が辞退 

 【シンガポール=森浩】シンガポールのヘン・スイキャット副首相兼財務相(59)は8日、次期首相候補を辞退することを明らかにした。リー・シェンロン首相(69)は来年で退任する意向とされていたが、有力後継者と目されていたヘン氏の辞退で在任が延びる可能性が出てきた。

 地元メディアによると、ヘン氏は書面で、新型コロナウイルスの収束までには時間がかかるとの見通しを示し、「危機が去ったときには私は60歳代半ばに近づいているだろう。次の首相になった場合、残された時間が短すぎる」と辞退の理由を説明。「シンガポールを再建するだけでなく、次世代をリードするリーダーが必要だ」とし、若手が後継となるのがふさわしいとの意向を示した。

 リー氏も辞退の意向を受け入れたという。ヘン氏は副首相を続けるが、近く予定される内閣改造で財務相は外れる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ