PR

ニュース 国際

米、北京冬季五輪への参加方針は現時点で「変更なし」 米五輪委の委員長はボイコットに反対表明

7日、会見する米国のサキ大統領報道官(ロイター)
7日、会見する米国のサキ大統領報道官(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】サキ米大統領報道官は7日、ホワイトハウスでの記者会見で、来年の北京冬季五輪のボイコット論が国際社会で浮上している問題で、米国として参加する立場は「変わっていない」と述べた。その上で、中国による人権侵害などを踏まえ、同盟・パートナー諸国と今後の対応を話し合っていくと表明し、今後、ボイコット問題が議論される可能性に含みを残した。

 サキ氏は、同盟諸国などと「共同ボイコットに関し協議したことはなく、今の時点で協議していない」とも指摘した。

 一方、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)のライオンズ委員長は7日、メディア向けイベントで「ボイコットに反対だ。中国の人権侵害に対しては他にも建設的に対応できる手段が多数あるはずだ」と主張した。

 米国では議会共和党の一部からバイデン政権にボイコットに踏み切るよう求める声が上がっている一方、バイデン大統領は慎重な姿勢を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ