PR

ニュース 国際

英政府 アストラゼネカワクチン接種 30歳未満への接種見送り 

英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)
英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)

 【ロンドン=板東和正】英政府は7日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの接種後に血栓ができる症例が報告されている問題を受け、30歳未満への使用を見送り、別のワクチンを接種する方針を示した。アストラゼネカのワクチンを接種した若年層に血栓症の発生率が高いことが判明したためため。欧州連合(EU)当局は同日、血栓について接種後の「非常にまれな副反応」であることを認めた。

 英医薬品規制当局によると、英国で約2千万人が3月末までに同ワクチンを接種し、79人に副反応とみられる血栓症が出た。そのうち、19人が死亡した。

 血栓症になったのは接種者100万人に約4人の確率に相当するという。19人のうち11人は50歳未満で3人は30歳未満だった。

 英政府に予防接種の方針を助言する独立委員会は今月7日の声明で「血栓症の発生率は年齢が下がるにつれて増加する傾向がある」と指摘。30歳未満について、他社製のワクチンを接種するよう勧めた。30歳以上に関しては「接種の利益が(副作用の)リスクを上回る」とした。

 ジョンソン英首相は7日、自身のツイッターで、「(独立委の)勧告に従い、全ての年齢層がワクチンに信頼を持てるようにする」と表明した。

 一方、EUで薬事審査を担う欧州医薬品庁(EMA)は同日の声明で、アストラゼネカのワクチン接種後の血栓について「非常にまれな副反応」として考慮すべきとの見解を示した。

 EMAは、同ワクチン接種後2週間以内に「非常にまれな血小板の減少を伴う血栓が発症する可能性がある」と指摘。症例の多くは60歳未満の女性に発生していると分析した。ただ、「接種の総合的な利点は副反応のリスクを上回る」と強調し、引き続き接種を推奨した。

 世界保健機関(WHO)のワクチン諮問委員会もこの日、調査報告書を発表し、同ワクチンと血栓症との因果関係について「もっともらしいと考えられるが、確認されていない」との考えを示した。世界で同ワクチンを接種した約2億人の中で血栓症の報告事例は「少数にとどまっている」と強調した。

 同ワクチンは安価な上、2~8度の温度で保管が可能なため、一般の冷蔵庫でも対応できるのが特徴。設備の乏しい途上国を含めたワクチンの普及に期待がかかっている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ