PR

ニュース 国際

緊張高まるウクライナ東部、停戦違反10倍に 米露が牽制合戦

ウクライナ東部ドネツクの反政府勢力が支配する都市近くで活動するウクライナ軍の兵士=3日(ロイター)
ウクライナ東部ドネツクの反政府勢力が支配する都市近くで活動するウクライナ軍の兵士=3日(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】ウクライナ東部で続く同国と親ロシア派武装勢力との紛争の緊張が再び高まっている。欧州安全保障協力機構(OSCE)によると、双方の砲撃などの回数は4月3日、最近の平均の10倍に跳ね上がった。親露派を支援するロシアは国境地帯に軍を移動し、紛争の再燃はウクライナの破壊につながると警告。一方、バイデン米政権はウクライナ支援を確約するなど、両紛争当事者の後ろ盾である米露両国の牽制(けんせい)合戦も起きている。

 ロシアによるウクライナ南部クリミア半島併合をめぐる東部紛争は2014年の勃発以降、1万3千人以上が死亡したとされる。現在は公式には停戦状態とされているが、ウクライナと親露派の双方が相手側による攻撃など停戦違反を継続的に報告してきた。紛争解決に向けた協議もロシアとウクライナの主張対立などから停滞している。

 停戦を監視しているOSCEの報告によると、4月2日までの1週間、1カ月間とも、1日平均当たりの停戦違反回数は約100回だった。しかし4月3日は一気に1千回を超えた。親露派側は同日、ウクライナの無人機の攻撃で子供が死亡したとも発表した。

 停戦違反が急増した理由は、専門家や外交筋の間でも見解が分かれている。

 (1)ウクライナ支援を表明するバイデン米政権の出方を探るため、ロシア・親露派側が挑発を仕掛けた(2)世論調査で不支持率が支持率を上回ったウクライナのゼレンスキー大統領が、愛国心を刺激して求心力を回復させようとした(3)紛争収束の見通しが立たない不満から前線部隊が過激化した-などだ。

 紛争が再び激化する予兆はあった。プーチン露大統領は3月30日、フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相との電話会談で、ウクライナが停戦合意を破って対立をあおっていると主張。ラブロフ露外相も4月1日、国営テレビで「紛争を起こそうとする者がウクライナを破壊するだろう」とウクライナへの脅迫とも取れる発言をした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ