PR

ニュース 国際

台湾列車事故、作業車滑り落ち衝突か 原因究明進む

3日、台湾東部・花蓮県で前日に起きた列車脱線事故の救援作業と車両の撤去作業が進んだ(ロイター)
3日、台湾東部・花蓮県で前日に起きた列車脱線事故の救援作業と車両の撤去作業が進んだ(ロイター)

 【花蓮=矢板明夫】台湾東部の花蓮県で50人以上が死亡した特急列車脱線事故から一夜明けた3日、本格的な原因究明が進んだ。

 関係当局は同日、「線路わきの高台に止められていた作業車のサイドブレーキがかかっておらず、作業車が線路に滑り落ちて、特急列車と衝突した可能性が高い」との見方を示した。

 線路付近で落石防護壁の建設が進んでいた。警察当局は、作業車の運転手ら関係者を拘束して、捜査を始めた。事故当時、作業車に人は乗っていなかった。

 損傷の激しい遺体について、携帯電話や身分証明書などから身元の特定が進めている。死者数は一時、54人と報じられたが、当局が数字を訂正するなど、情報が錯綜(さくそう)した。地元メディアによると、3日夜の時点で確認された死者は51人。

 行政院(内閣に相当)は3日から3日間、公的機関などで半旗を掲げ、犠牲者に哀悼を表するとした。

 事故現場での救助活動はほぼ終了して、事故車両の一部が撤去され始めた。負傷者は日本人2人を含む計178人。蔡英文総統は3日、花蓮で複数の病院を訪れ、負傷者を見舞った。

 菅義偉(すが・よしひで)首相と安倍晋三前首相が2日、相次ぎお見舞いのメッセージを送ったことに対し、蔡氏は「困難に遭遇するたびに台湾と日本は互いに関心を寄せ合ってきた」と謝意を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ