PR

ニュース 国際

米大統領報道官、16日の日米首脳会談は「日米関係の重要性を反映」と強調

2日、米ホワイトハウスで記者会見するサキ大統領報道官(ロイター=共同)
2日、米ホワイトハウスで記者会見するサキ大統領報道官(ロイター=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】サキ米大統領報道官は2日の記者会見で、日米首脳会談が16日にホワイトハウスで行われると確認した。サキ氏は、バイデン大統領にとって菅義偉首相が「米国で直接会う最初の外国首脳になる」と述べ、「このことは日本との2国間関係と、日本の人々との友好関係の重要性を反映するものだ」と指摘した。

 日米両政府は当初、9日の会談実施で調整を進めていた。サキ氏は日程が先送りされた理由については言及しなかった。

 会談では、2日に東部メリーランド州で開かれた日米韓の安全保障担当高官協議の成果などを踏まえ、インド太平洋地域の平和と安定の維持に向けた対中国・北朝鮮対応で日米が連携を確認する見通し。

 中国をにらんだ半導体などハイテク分野でのサプライチェーン(部品の調達・供給網)の確保策なども議題になるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ