PR

ニュース 国際

台湾の列車脱線、36人が心肺停止 トンネルの壁に衝突

台湾・花蓮で脱線した列車から避難する乗客ら(中央通信社=共同)
台湾・花蓮で脱線した列車から避難する乗客ら(中央通信社=共同)

 【台北=矢板明夫】台湾東部・花蓮県で2日午前9時半(日本時間同10時半)ごろ、特急列車の一部が脱線する事故が起き、台湾メディアによれば、少なくとも36人が心肺停止状態となっている。死傷者が多数にのぼる可能性が高い。

 脱線したのは台北郊外から東部の観光地、台東に向かう特急列車「タロコ号」。花蓮県内のトンネル付近で脱線し、車両がトンネルの壁に衝突するなどして一部は大破した。60人以上の重軽傷者が出ている。救護活動は同日正午をすぎても続けられている。

 台湾の鉄道当局によると、タロコ号は8両編成で、約350人が乗車していた。台湾は2日から4連休に入り、観光地に向かう家族連れが多く乗車していたという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ