PR

ニュース 国際

日米韓の安保担当高官が米で協議

 【ワシントン=黒瀬悦成】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2日、北村滋国家安全保障局長と韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長を東部メリーランド州アナポリスの海軍士官学校に招いて3カ国高官協議を開く。バイデン米政権高官によると、協議では米政権の北朝鮮政策見直しが「最終段階」に入ったのを受け、同盟国である日韓と詰めの話し合いを行うとしている。

 バイデン政権発足後、日米韓の高官による直接協議は初めて。

 米政権高官は記者団との電話会見で、「日韓が北朝鮮政策の見直し内容の詳細に関心を抱いている」と指摘し、政策に関して日韓の高官に説明すると同時に、日韓の側からも意見を聴取すると語った。

 同高官はまた、サリバン氏が日韓の高官とそれぞれ2国間協議を併せて行い、「重要課題での共同歩調を確認する」と明らかにした。日韓による2国間協議の場が設けられるかは明らかでない。

 バイデン政権は、北朝鮮や中国など東アジアの懸案に対処するには、日米韓による連携に加え日韓の関係改善を重要視しており、今回の協議の場で協調を働きかける考えだ。

 3カ国協議では、北朝鮮問題に加え、ミャンマー情勢や南シナ海での中国の覇権的行動、新型コロナウイルス対策、気候変動などに関しても議論する予定。

 対中国関連では、世界的な供給不足に陥っている半導体などのサプライチェーン(部品の調達・供給網)や、米中の技術競争が激化するバイオテクノロジー(生物工学)分野についても「詳細に話し合う」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ