PR

ニュース 国際

中国外相、ミャンマーめぐり米欧けん制 シンガポール外相と会談

 中国の王毅国務委員兼外相は3月31日、福建省でシンガポールのバラクリシュナン外相と会談した。王氏はミャンマー情勢について、シンガポールを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)が「内政不干渉の原則」を維持していることを歓迎すると述べ、米欧の介入をけん制する姿勢を鮮明にした。中国外務省が同日発表した。

 バラクリシュナン氏は、ミャンマー国民の民意が尊重されるべきだと応じたという。中国外務省の発表は、バラクリシュナン氏が内政不干渉に関する王氏の主張に明確に賛同したかどうかには触れていない。

 両氏は新型コロナウイルス対策や、中国とASEANの経済連携強化についても話し合った。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ