PR

ニュース 国際

英BBC北京特派員 台湾に移動 中国当局から圧力や脅し

中国の軍服を着用して授業を受けるウイグル人の子供たち。現地では「中国化」が進む(日本ウイグル協会提供)
中国の軍服を着用して授業を受けるウイグル人の子供たち。現地では「中国化」が進む(日本ウイグル協会提供)

 【ロンドン=板東和正、北京=三塚聖平】英BBC放送は3月31日、中国新疆ウイグル自治区での人権侵害などの取材を担当する北京特派員ジョン・サドワース氏が家族とともに台湾に移動したと発表した。同氏は中国当局から圧力や脅しを受けており、中国での勤務が安全ではないと判断されたという。

 サドワース氏は約9年間、特派員として中国に滞在してきた。同氏は昨年、少数民族ウイグル族が拘束された同自治区の収容所の内部とみられる映像を入手し、報道した。

 映像では、鉄格子のはまった窓がある部屋の中で、ウイグル族の青年が手錠でベッドにつながれた様子などが撮影されており、世界で反響を呼んだ。

 英メディアによると、サドワース氏はその後も、同自治区の問題を取材し続けた。しかし、同氏や同氏の取材チームは中国当局に監視されたほか、法的行動に出ると脅されたという。サドワース氏はBBCラジオに「ここ数年にわたり、中国当局から圧力や脅迫が続いていたが、この数カ月でその傾向がさらに強まった」と明かした。

 BBCは、サドワース氏が安全に「中国に留まることが困難になった」と指摘。AP通信によると、中国の外国人特派員協会は「サドワース氏は先週、自身と家族の安全を懸念して中国を出国した」と明らかにした。

 BBCによると、サドワース氏と家族は中国を離れるまで私服の警察官に尾行されたという。

 サドワース氏は台湾に移っても、BBCの中国特派員として中国に関する報道を続ける。BBCは31日の声明で「(同氏は)中国当局が世界に知られたくない真実を明らかにしてきた。誇りに思う」とたたえた。

 BBCは2月3日、ウイグル族らを収容する施設で組織的な性的暴行や拷問を受けたとする女性らの証言を報道。

 中国でメディア管理を担当する国家ラジオテレビ総局は同月12日、BBCの国際放送について中国国内での放送を禁じる処分を決めたと発表している。

 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は3月31日の記者会見で、サドワース氏に関し「中国の政府部門が彼を威嚇していたとは聞いていない」と主張。その上で、BBCの報道について「報道の客観的、バランス、公正の立場から甚だしく逸脱している」と非難し、BBCに厳正な申し入れを何度も行っていたと明らかにした。

 中国は昨年、米政府への報復措置として中国に駐在する米メディア記者の記者証更新を停止するなど、外国メディアに対する締め付けを強めている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ