PR

ニュース 国際

米国務長官、新型コロナ対応で中国への懲罰措置に消極的

ブリンケン米国務長官(ロイター)
ブリンケン米国務長官(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ブリンケン米国務長官は28日放送されたCNNテレビの報道番組で、中国による新型コロナウイルス危機への初動対応が不適切だと問題視されていることに関し、中国に懲罰的措置を取ることに消極的な立場を示した。

 ブリンケン氏は「過去(の行動)について説明責任を果たすことは重要だ」としつつ、世界保健機関(WHO)が近く公表する中国でウイルスが発生した経緯や感染経路などに関する調査報告書の内容を確認したいとした。

 ただ、報告書に関しては「中国政府が報告書の執筆を手助けしたとみられる」と指摘するなど多くの問題があるとし、「(調査の)手法やプロセスを真剣に懸念している」と語った。

 同氏は一方で「私たちにとっての課題は、次なる感染症の拡大阻止のために全力を挙げることだ」と指摘。「WHOを含め、透明性や情報共有、初動時の国際的専門家の(感染地域への)アクセスなどが確保される形で、より強力な(感染症対策の)システムを構築することに焦点を当てる必要がある」と強調した。

 中国にも対策強化に向けて一層の取り組みを要求するとも語った。

 トランプ前大統領は「中国が初動の段階で感染拡大を食い止めることができるのにしなかった」と非難し、「中国には代償を払わせる」と警告していた。

 ブリンケン氏は、米中関係自体については「敵対的な要素が一層強まっているのは明らかだ」と指摘し、中国に対して「強い立場から取り組んでいく必要がある」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ