PR

ニュース 国際

安保理、北の弾道ミサイル発射で緊急協議へ 欧州勢が要請

国連本部=米ニューヨーク
国連本部=米ニューヨーク

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮による25日の弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会が30日に北朝鮮情勢に関して緊急協議を行うことが分かった。外交筋が明らかにした。英仏など欧州5カ国が要請した。26日には米国の要請に基づき安保理の下部組織、北朝鮮制裁委員会で対応を協議したが、欧州勢はより厳しい安保理での協議が必要と判断したとみられる。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は安保理決議で禁止されており、これまで安保理で協議されてきた。だが、バイデン米政権は北朝鮮を過度に刺激しないために下部組織での協議にとどめるよう求めたとみられる。

 26日の制裁委の協議では、大半の理事国がミサイル発射は安保理決議違反として懸念を表明したが、中国とロシアは対北制裁の緩和を主張しており、30日の協議でも一致した対応がとれるかは不透明だ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ