PR

ニュース 国際

米EU、中国めぐり対話枠組み 政策協調目指す

 【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は24日、EUと米国が対中政策をめぐり対話枠組みを設けることで合意したと発表した。ブリュッセルでブリンケン米国務長官と会談した後、記者会見で明らかにした。

 ボレル氏によると、対話枠組みでは人権や経済、国際協調などの課題について、米EU間で高官級や識者による協議を行う。同氏は「課題や行動の機会について広く話し合い、中国の役割について評価を共有する」のが目的だと述べた。

 EUと米国は22日、中国新疆ウイグル自治区の人権侵害でほぼ同時に制裁を発表し、歩調を合わせた。双方は地球温暖化対策については、中国の関与が欠かせないという立場でも一致しており、対話を通じて対中政策で連携を進める構え。ボレル氏は、ブリンケン氏との会談で、対ロシア外交についても協調することで合意したと述べた。

 ボレル氏は昨年10月、ポンペオ米国務長官(当時)との間で、中国をめぐる米EUの対話実施に合意したが、具体的な進展はなかった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ