PR

ニュース 国際

ミャンマーで父に抱かれた7歳女児、銃撃で死亡 国軍が自宅に押し入り発砲

ミャンマー・マンダレーで、がれきが燃える路上を走る男性=22日(AP=共同)
ミャンマー・マンダレーで、がれきが燃える路上を走る男性=22日(AP=共同)

 【シンガポール=森浩】ミャンマー第2の都市マンダレーで23日、クーデターで実権を握った国軍による銃撃で女児(7)が死亡した。2月1日のクーデター後、最年少の犠牲者とみられる。地元人権団体によると、18歳未満の死者は20人を超えており、国軍が無差別に市民を攻撃している様子が浮き彫りとなっている。

 地元メディアによると、兵士は23日午後、女児の自宅に押し入り、家族全員を座らせた上で発砲。弾は父親の膝の上で抱かれていた女児に当たったという。女児は病院に搬送中に死亡した。女児の兄(19)が暴行を受け、連行された。

 兵士が女児の家族を標的とした理由は分かっていない。国内では兵士や警察官が民家や商店に押し入って略奪行為を働く様子が確認されており、国内の治安状況が悪化している。

 一方、ミャンマー国営テレビは24日、抗議デモに参加するなどして拘束されていた628人が釈放されたと報じた。釈放理由は不明。人権団体は拘束中の市民について23日時点で2418人と発表していた。

 24日は4つの罪に問われて勾留中のアウン・サン・スー・チー氏の公判が予定されていたが、4月1日に延期された。スー・チー氏は勾留施設からオンラインで出廷する予定だったが、裁判所は弁護側に「インターネット接続に問題が発生した」と説明した。公判の延期は2回目。

 24日は、自宅にとどまって出勤せずに抗議の意思を示す「静かなストライキ」が全国で行われた。最大都市ヤンゴンなどでは交通量が激減し、多くの商店が休業した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ