PR

ニュース 国際

ジョンソン英首相、コロナ対策の誤り認める 最初の都市封鎖から1年

記者会見に臨むジョンソン英首相=23日、ロンドン(ロイター)
記者会見に臨むジョンソン英首相=23日、ロンドン(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】ジョンソン英首相は23日、昨年春に新型コロナウイルスの感染が拡大した際、「無症状の感染者がウイルスを広める恐れがあることを理解できていなかった」と述べた。ジョンソン氏はこれを「重要なミス」と認め、「別の対策を取ればよかったと思うことはたくさんある」と当時の対応は不十分だったとの認識を示した。

 新型コロナの感染拡大を受けた最初のロックダウン(都市封鎖)が英国で実施されてから23日で1年を迎えたのに合わせ、記者会見で語った。

 ジョンソン氏は昨年3月23日、厳しい外出制限を伴うロックダウンを導入。同月初旬~中旬に外出制限をすでに始めていたイタリアやフランスなどに比べて出遅れた。

 今月23日時点の英国の新型コロナの累計死者数は欧州最多の約12万6000人に達しており、初動対応の遅れが死者数増につながったとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ