PR

ニュース 国際

中朝首脳「敵対勢力に対処」 米政権に対抗、メッセージ交わす

講習会で演説する北朝鮮の金正恩総書記=6日、平壌(朝鮮通信=共同)
講習会で演説する北朝鮮の金正恩総書記=6日、平壌(朝鮮通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記が中国の習近平国家主席に送ったメッセージの内容を伝えた。金氏は1月の党大会で決めた国防力強化や対米・対韓関係についての政策方針を説明した上で、中朝は「敵対勢力の全方位的な挑戦と妨害に対処し、団結と協力を強化していく」と表明した。

 金氏は、習政権が新型コロナウイルスの抑止に「成功」し、「敵対勢力の誹謗(ひぼう)、中傷や圧力」の中でも社会主義を守って成果を収めていることを「自分のことのようにうれしく思う」と述べた。

 習氏も金氏に送ったメッセージで「朝鮮半島の平和や安定を守りつつ、地域の発展や繁栄に向けて新たな積極的な貢献を行う用意がある」と表明した。

 米中対立が激しさを増す中、中朝が結束してバイデン米政権に対抗する姿勢を誇示した形だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ