PR

ニュース 国際

英国も中国当局者らに制裁 ウイグル人権侵害で米、EUと連携

ジョンソン英首相=2月19日、ロンドン(ゲッティ=共同)
ジョンソン英首相=2月19日、ロンドン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン=板東和正】英政府は22日、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で深刻な人権侵害に関与したとして、中国当局者4人と1団体に対する制裁を発表した。欧州連合(EU)や米国などと連携し、中国の人権侵害に対抗する構えだ。

 英政府によると、対象の4人は自治区の副主席で公安トップの陳明国(ちんめいこく)氏ら。制裁は英国内の資産を凍結し、対象者の英国への渡航を禁止する措置で、発表と同時に発動した。準軍事組織「新疆生産建設兵団」の公安局も制裁対象になった。

 英国は2020年1月末のEU離脱に伴い、単独の判断で人権侵害に関与した加害者に独自の制裁を科す制度を設けている。

 ラーブ外相は今月22日の声明で「同自治区でのさまざまな人権侵害の証拠を無視できない」と指摘。国際的なパートナーと協力して制裁を科す姿勢を強調した。

 新疆ウイグル自治区での人権侵害をめぐっては、EUが22日、外相理事会を開き、中国当局者4人と1団体に対する制裁発動を決めた。米財務省も同日、同自治区で深刻な人権侵害に関与したとして、中国当局者2人に制裁を科したと発表した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ