PR

ニュース 国際

中国が香港の選挙制度見直し作業へ 29日から全人代常務委

 【上海=三塚聖平】中国国営新華社通信は22日、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会の会議が29、30両日に北京で開かれると伝えた。11日に閉幕した全人代で香港の選挙制度見直しに関する決定を採択しており、それを受けた具体的な改正作業に着手する。

 新華社によると、常務委では、香港政府トップの行政長官と立法会(議会)の選挙手続きを定めた香港基本法の付属文書の改正草案について審議する。香港の民主派を完全に排除する選挙制度導入に向け、具体的な作業が中央主導で進められる。

 中国政府は「愛国者による香港統治を確保する」との方針を掲げ、全人代で選挙制度見直しの決定を採択。全人代常務委での改正作業を経て、香港政府が関連の法整備をさらに進める見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ