PR

ニュース 国際

プーチン氏、バイデン氏に公開討論呼びかけ 「人殺し」発言受け

クリミア編入を祝うイベントで演説するロシアのプーチン大統領=18日、モスクワ(タス=共同)
クリミア編入を祝うイベントで演説するロシアのプーチン大統領=18日、モスクワ(タス=共同)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は18日、露国営テレビの番組に出演し、バイデン米大統領に対し公開での直接対話を早急に行うことを提案した。米テレビのインタビューでプーチン氏について「人殺し」との認識を示したバイデン氏に挑戦状をたたきつけた形で、強い指導者のイメージを演出する狙いがあるようだ。

 プーチン氏は、私たちは陰でののしり合うべきではないと述べ、「(直接対話は)明日(19日)か月曜日にでも可能だ。そのために必要な指示を外務省に出す」と表明した。

 プーチン氏はこの日、ロシアによる併合から7年を迎えたウクライナ南部クリミア半島の住民らとのオンライン会議でも、バイデン氏に言及し、「人が他人を評価するというのは、鏡の中の自分を見ているようなものである」と揶揄(やゆ)、「(バイデン氏の)健康を願っている」と述べた。

 一方、ペスコフ露大統領報道官は18日、バイデン氏の発言は「歴史上、(前例が)なかった」と批判。今後の対米関係については、発言を受けて一時帰国が命じられたアントノフ駐米大使から報告を受けた上で検討されるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ