PR

ニュース 国際

米、韓国に日本含む3カ国連携受け入れさせる 2プラス2で成果

 オンラインで記者会見するブリンケン米国務長官=17日(在日米国大使館提供)
 オンラインで記者会見するブリンケン米国務長官=17日(在日米国大使館提供)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ブリンケン米国務長官とオースティン国防長官は18日、ソウルでの米韓外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で、北朝鮮がバイデン政権と韓国に対する強硬発言を繰り出すなど、朝鮮半島情勢が緊迫化しつつあるのをにらみ、日米韓の3カ国による対北連携の重要性を韓国に受け入れさせた点で、一応の外交成果を上げたといえる。

 両長官は、バイデン政権のインド太平洋戦略における最重要懸案の中国に関し、韓国が経済・貿易分野を中心に中国との関係が深いため簡単に対中強硬姿勢に転じることができない事情に一定の配慮を示した。協議後の共同声明でも中国への言及はなかった。

 ブリンケン氏も協議終了後の共同記者会見で、中国の権威主義的行動に対して同盟諸国が連携して対処することの重要性を強調しつつも、北朝鮮の核問題では中国が「非核化達成に向けて極めて重要な役割を担っている」と指摘し、北朝鮮に対する影響力の行使に期待を表明した。

 代わりに両長官が力点を置いたのが、北朝鮮の核・弾道ミサイルの脅威をにらんだ日米韓の安全保障連携の緊密化だ。

 両長官の訪韓に合わせて国務省が作成した米韓関係に関する概況説明書は「日韓関係ほど重要な関係はない」と指摘し、冷却化した日韓関係の改善を促しつつ、北朝鮮の非核化に向け日米韓の協力を再活性化させていくと表明した。

 ブリンケン氏は一方、トランプ前政権から継承した北朝鮮政策の見直し作業を向こう数週間で完了すると語った。北朝鮮による最近の対米強硬発言については「いま関心があるのは同盟諸国の発言だ」として黙殺の構えを示した。これに北朝鮮が反発する可能性は高く、米朝対立が再燃する恐れが出始めている。

 バイデン政権の北朝鮮戦略の全貌は現段階で明確でないものの、日韓両政府が「明白な失敗だった」と酷評するオバマ元政権による「戦略的忍耐」への回帰は封印する公算が大きい。

 このため、当面はトランプ前政権下で構築された主要な同盟諸国や中国などによる国際的な圧力網を維持して北朝鮮に非核化協議への復帰を促し、北朝鮮が弾道ミサイル発射などの挑発行為をエスカレートさせるリスクを低減させていく考えとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ