PR

ニュース 国際

EUワクチン証明、今夏導入目指す 欧州委が提案

 【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、EU共通のデジタル証明の導入案を発表した。加盟国で相互承認し、域内の移動自由化を促す狙いがある。今夏までの導入を目指す。

 証明には、ワクチン接種のほか、PCR検査の結果や感染者の回復記録などを盛り込む予定。発行は無料とする。デジタル証明は、観光産業に依存するギリシャやスペインなどが発行を求めていた。

 欧州委案によると、証明発行の際、加盟国は、EUで未認可のワクチンを対象とすることも可能。ただし、他の加盟国は未認可ワクチンの接種履歴の受け入れを強制されない。

 EUは、欧州医薬品庁(EMA)の審査を経て現在、米製薬大手ファイザー、英アストラゼネカなど4種のワクチンの使用を認可している。ハンガリーなど一部加盟国は4種のほか、EMAが未認可のロシアや中国製のワクチンの接種を独自に決めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ