PR

ニュース 国際

米南部で銃撃相次ぎ8人死亡 大半がアジア系女性、ヘイトクライムか 

 【ニューヨーク=上塚真由】米南部ジョージア州アトランタと近郊にある計3軒のマッサージ店で16日午後、相次いで銃撃があり、米メディアによると、少なくとも8人が死亡した。捜査当局は、事件に関連して同州に住む21歳の男を拘束した。捜査当局によると、犠牲者の多くがアジア系女性という。

 最初の事件は16日午後5時(日本時間17日午前6時)ごろ発生。アトランタ近郊アクワースのアジア系マッサージ店で5人が撃たれ、このうち4人が死亡した。また、約50分後には約45キロ離れたアトランタ市内のマッサージ店で強盗の通報があり、現場で3人の死亡が確認された。道を隔てた別のマッサージ店も襲われ、1人が死亡した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、8人の犠牲者は1人を除いて全員女性。また6人がアジア系で2人は白人という。

 捜査当局は、各事件の関連性や動機などを調べている。人種差別が犯行の背景にあるかは不明だが、米国ではアジア系住民に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)が多発しており、東部ニューヨークや西部ロサンゼルスでは抗議デモが行われている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ