PR

ニュース 国際

仏独伊などアストラゼネカ製の接種見合わせ EU医薬品庁、緊急会合へ

15日、ベルリンで英アストラゼネカ製ワクチンについて記者会見するドイツのシュパーン保健相(ロイター=共同)
15日、ベルリンで英アストラゼネカ製ワクチンについて記者会見するドイツのシュパーン保健相(ロイター=共同)

 【パリ=三井美奈】英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンをめぐって15日、ドイツ、フランス、イタリア、スペインが相次いで接種を一時中断すると発表した。接種後に血栓ができる症例が、欧州で複数報告されたための措置。欧州連合(EU)で薬事審査を担う欧州医薬品庁(EMA)は18日、対応をめぐって緊急会合を開く。

 ドイツのシュパーン保健相は15日の記者会見で、国内で接種者に血栓の症状が確認されたと述べ、接種中断は「あくまで予防上の措置」だと強調した。マクロン大統領は15日、各国の動きを受け、EMAの対応が決まるまで接種を中断すると述べた。スペインは2週間程度、接種を見合わせるとしている。

 欧州ではすでに、デンマークやオランダ、ノルウェー、オーストリアなどが同社製ワクチンの接種の一時中断を発表している。EMAは15日、ワクチンと血栓の因果関係は現状では見られないとしたうえで、情報を再検討すると発表した。現段階では、接種を推奨する立場に変わりはないとしている。

 一方、英国の医薬当局は15日、国内で同社製ワクチンは1100万回以上接種されたが、「血栓発症者の割合は通常より高くない」として、接種は継続すべきだという立場を示した。

 同社製ワクチンについては、日本でも承認申請を受け、厚生労働省が審査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ