PR

ニュース 国際

クアッド4首脳が連名で寄稿 「自由で開かれたインド太平洋」の実現を決意表明

テレビ会議方式で開催された日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国首脳会合に出席する菅首相(右)と茂木外相。画面左上はあいさつするバイデン米大統領=12日夜、首相官邸
テレビ会議方式で開催された日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国首脳会合に出席する菅首相(右)と茂木外相。画面左上はあいさつするバイデン米大統領=12日夜、首相官邸

 【ワシントン=黒瀬悦成】日米とオーストラリア、インドの4カ国(通称クアッド)の首脳は14日付の米紙ワシントン・ポストに連名で寄稿した。4首脳は、クアッドの枠組みでは初めてとなった12日のオンライン首脳会合の結果を踏まえ、「自由で開かれ、柔軟で包括的なインド太平洋という共通の構想に取り組んでいく」と表明した。

 4首脳は「インド太平洋全域が互いに連関し、(繁栄の)機会が得られた新時代に、私たちは支援を必要とする地域のために共に行動する」と宣言した。

 また、「私たちはインド太平洋が国際法および航行の自由や紛争の平和解決といった根本原則によって統治され、全ての国が強制されることなく政治的選択ができることを保証するため努力している」と強調。さらに「これらの構想は近年、試練にさらされている」と指摘し、名指しは避けつつも中国に対抗していく立場を強くにじませた。

 4首脳はさらに、気候変動対策の強化や新型コロナウイルスの封じ込めに取り組むとする一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)や太平洋の島嶼(とうしょ)国、インド洋地域との関係を強化していく考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ