PR

ニュース 国際

蔡総統「大切な友情記憶」 震災10年、日台友好を推進

台湾の蔡英文総統(総統府提供)
台湾の蔡英文総統(総統府提供)

 東日本大震災から10年の11日、台湾の蔡英文総統は「災害の痛みを心に刻んで、大切な友情を記憶にとどめることが重要だ」と語り、日台友好を推進していく考えを表明した。台北で開かれた日本を代表する現代美術家、奈良美智さんの展覧会の開幕式に出席し、あいさつした。

 蔡氏は「10年前、台湾人も深いショックを受けたが、震災の中で緊密に協力した。台日の友好が長く続くよう望む」と述べた。また、地震発生時刻に合わせ、自身のツイッターに日本語で「犠牲者のご冥福を祈る」などと投稿した。

 日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会台北事務所では追悼式が開かれ、関係者が犠牲者に祈りをささげ、支援をした台湾に感謝を表した。泉裕泰代表はあいさつで「台湾の人々と心を一つにして、被災地の復興と、(被害者らの)悲しみが少しでも早く癒えることを祈りたい」と述べた。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ