PR

ニュース 国際

【震災10年】国連事務総長がビデオ声明「防災分野で世界をリード」

国連のグテレス事務総長=2020年12月17日、ドイツ・ベルリン(AP)
国連のグテレス事務総長=2020年12月17日、ドイツ・ベルリン(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】国連のグテレス事務総長は10日(日本時間11日)、東日本大震災から10年となるのに合わせてビデオ声明を公表し、「最愛の方を失い、今も深い悲しみの中にある方々に心より哀悼の意を表する」と述べた。

 グテレス氏は、11日を「震災の死者、行方不明者を追悼する厳粛な日」と指摘。遺族に哀悼の意をささげるとともに、東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされる被災者にも思いを寄せた。

 日本については、教訓を共有する取り組みを続けており「防災分野で世界をリードしている」と評価。また、地震やパンデミック(世界的大流行)、異常気象など世界が直面するリスクへの対応について「災害が起こったときに誰一人取り残さないよう、包括的でなければならない」と述べ、弱者を守る対策の重要性を訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ