PR

ニュース 国際

韓国次期大統領選 支持率首位は政権と対立した前検事総長

4日、記者団に辞意を表明する韓国の尹錫悦検事総長(中央)(聯合=共同)
4日、記者団に辞意を表明する韓国の尹錫悦検事総長(中央)(聯合=共同)

 韓国次期大統領選候補に関する世論調査で、文在寅政権と対立して検事総長を辞任した尹錫悦(ユン・ソンヨル)氏が支持率でトップとなる結果が8日、発表された。文政権に批判的な保守層の期待を反映した形で、保守派政治家に有力な候補が見当たらない現状も浮き彫りにした。

 韓国社会世論研究所の発表によると、尹氏が32・4%の支持を集めた。与党「共に民主党」所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が24・1%で2位。李洛淵(イ・ナギョン)同党代表が14・9%で3位になった。

 世論調査会社のリアルメーターの調査でも、尹氏が28・3%で首位。李在明氏が22・4%、李洛淵氏が13・8%だった。

 4日に辞意を表明した尹氏は「今後どんな位置にいようと自由民主主義と国民を守るために力を尽くす」と述べ、政界進出に含みを持たせたが、出馬の有無については沈黙を守っている。(ソウル 桜井紀雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ