PR

ニュース 国際

【中国全人代】「発展は問題解決の鍵」 中国政府、経済成長は放棄せず

中国全人代の開幕式で、モニターに表示された香港の選挙制度見直しについての議案=5日、北京の人民大会堂(共同)
中国全人代の開幕式で、モニターに表示された香港の選挙制度見直しについての議案=5日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=三塚聖平】中国経済の司令塔である国家発展改革委員会の胡祖才副主任は8日の記者会見で、2025年までの新たな5カ年計画で国内総生産(GDP)の成長率目標の設定を見送ったことについて「GDP成長が不要だということではない」と述べた。「発展はいまなお全ての問題を解決する基礎であり鍵だ」とし、共産党政権を支える経済成長の重要性を強調した。

 胡氏は「GDPは総合的な経済力や国際競争力を反映する」と指摘。中国の経済規模が28年にも米国を抜くとの予測もある中、国力を示す指標だと強調した。

 全国人民代表大会(全人代)で公表した25年までの中期経済目標「第14次5カ年計画」は、期間中のGDP目標を設定しなかった。毎年の状況に応じて目標を打ち出す方針で、胡氏は「同計画の歴史で初だ」と指摘。国内外の経済環境に不確実性が大きく、リスクに柔軟に対応するための措置だと説明した。

 5カ年計画と同時に公表された35年までの長期目標は1人当たりGDPを「中等先進国」の水準に引き上げると掲げた。胡氏は「今後15年のGDP成長を合理的な範囲に保つ必要がある」と、持続的な経済成長の必要性を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ