PR

ニュース 国際

ローマ教皇、歴史的イラク訪問終了 テロ非難、多宗派の共生訴え

7日、イラク北部アルビルのスタジアムで人々に手を振るローマ教皇フランシスコ(共同)
7日、イラク北部アルビルのスタジアムで人々に手を振るローマ教皇フランシスコ(共同)

 【カイロ=佐藤貴生】ローマ教皇フランシスコ(84)は8日、歴代教皇として初のイラク訪問を終えた。紛争やテロが絶えず、新型コロナウイルス感染が拡大する同国への訪問を懸念する声もあったが、予定通り5日から現地入りして宗教間交流などの行事をこなし、少数派のキリスト教徒を含む多宗派の共生を訴えた。

 教皇は7日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が2014~17年に実効支配した北部モスルを訪問し、「希望は憎しみより強く、平和は戦争より強い」と述べ、ISに殺害された住民らに祈りをささげた。

 この後、北部アルビルのスタジアムで約1万人のキリスト教徒を前に締めくくりとなるミサを行った。国内に約150万人いたとされるキリスト教徒は、03年のイラク戦争を受けて台頭した国際テロ組織アルカーイダ系やISなどの迫害を受けて国外に避難し、30~40万人に減ったとされる。

 教皇は6日にはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の「信仰の父」であるアブラハムの生誕地ウルで諸宗教の代表者との集会に参加し、「敵意や過激主義、暴力は宗教から生まれるのではない。それらは宗教に対する裏切りだ」と述べ、ISなどを念頭にテロを非難した。

 同日にはイスラム教シーア派最高権威、シスタニ師(90)も表敬訪問した。ロイター通信によると、教皇はトルコやエジプトなどスンニ派諸国を訪問してきたが、シーア派指導者との面会は初めて。

 モスル近郊に住むキリスト教徒のアスラ・カドさん(31)は電子メールでの取材に、「すべてのイラク国民にとって非常に重要な訪問。キリスト教徒が尊重され、普通の暮らしが営めるようになることを願っている」と述べた。

 イラクでは教皇の訪問直前の3日、シーア派武装勢力によるとみられる米軍駐留基地に対するロケット弾攻撃が発生。しかし、教皇は先々代のヨハネ・パウロ2世が00年に訪問を計画しながら当時のフセイン独裁政権に阻まれたことを踏まえ、「2度も失望させることはできない」として訪問を実現させた。イラク政府は教皇の訪問中、総勢約1万人を動員して警戒した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ