PR

ニュース 国際

英王室、妊娠中に混血懸念 メーガン妃、自殺も脳裏に

インタビューに応じるヘンリー王子(左)と妻メーガン妃(ロイター=共同)
インタビューに応じるヘンリー王子(左)と妻メーガン妃(ロイター=共同)

 英王室の公務を昨年引退したヘンリー王子(36)の妻メーガン妃(39)は7日放映の米CBSテレビのインタビューで、アフリカ系の血を引くメーガン妃が長男アーチーちゃん(1)を妊娠した際、英王室内部から肌の色を「懸念」する声があったと明らかにした。長男には王子の称号を与えず、警備も提供できないと告げられたとも語った。

 また、事実と異なる情報が世間に広まっても王室側は正そうとしなかったと指摘。助けを得られず、自殺する考えが脳裏に浮かんだことも打ち明けた。

 ヘンリー王子とメーガン妃は2018年5月に結婚、19年5月にアーチーちゃんが誕生した。公務引退後は英国から米国へ移住。メーガン妃は第2子を妊娠しており、インタビューでは性別を女の子と明らかにした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ