PR

ニュース 国際

正恩氏、地方重視アピール 経済立て直しへ結束図る

北朝鮮の金正恩総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)
北朝鮮の金正恩総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、朝鮮労働党の市・郡党責任書記を集めて平壌で開かれていた講習会が6日、閉会したと伝えた。金正恩総書記は閉会の辞で「人民が実感できる明確な変化と成果が必要だ」と述べ、地方の経済立て直しと生活向上に取り組む姿勢をアピールした。

 市・郡の党トップを集めた講習会開催は党史上初めてで、4日間にわたった。金氏は少なくとも3日間出席。1月の党大会で定めた新たな経済5カ年計画の推進に向けて結束を図った。

 ただ国連制裁や昨年の自然災害、新型コロナウイルス対策の国境封鎖長期化により、経済は疲弊している。特に地方での物資や資金の不足は深刻とみられ、党中央が課した目標の達成は容易でなさそうだ。

 金氏は最終日の演説で「常に民心を重視すべきだ」と強調。「地方の均衡的かつ飛躍的変革」のための構想を説明した。具体的な内容は不明。金氏は閉会後、参加者と記念写真を撮影した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ