PR

ニュース 国際

ダライ・ラマがワクチン接種 新型コロナ

 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(85)は6日、チベット亡命政府があるインド北部ダラムサラで新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。亡命政府が明らかにした。

 関係者によると、新型コロナの流行を受け、ダライ・ラマは昨年2月から会合の予定を中止したが、現在はオンライン会合を開いている。

 インドでは1月から医療従事者らを中心に接種を開始。今月から60歳以上の高齢者や疾患のある45歳以上に対象が拡大された。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ