PR

ニュース 国際

ミャンマーに「暴力自制」要求 ASEAN外相会議

2日、オンライン形式で非公式の臨時会議を開いたASEANの外相ら(マレーシア外務省提供・ロイター=共同)
2日、オンライン形式で非公式の臨時会議を開いたASEANの外相ら(マレーシア外務省提供・ロイター=共同)

 【シンガポール=森浩】東南アジア諸国連合(ASEAN)は2日、国軍によるクーデターを受けたミャンマー情勢について話し合う特別外相会議をビデオ会議方式で開催した。終了後の議長声明には「状況に懸念を表明し、当事者に暴力の自制を求める」との表現を盛り込んだ。事態を憂慮しつつ、国軍への強い批判は避けた形だ。

 ASEANがクーデター後のミャンマー情勢について話し合うのは初めて。地域大国のインドネシアが開催を呼びかけていた。ミャンマーからは国軍が任命したワナ・マウン・ルウィン外相が出席した。

 これまでシンガポールなどは国軍の強硬姿勢に反発を強めていた。会議では一部加盟国から拘束中のアウン・サン・スー・チー氏らの即時解放を求める声が上がったもようだ。ただ、議長声明はミャンマーに一定の配慮を示した形となり、スー・チー氏らについては「拘束者の解放を求める声も上がった」と表現するにとどめた。

 2日もミャンマー国内ではクーデターへの抗議デモが相次いだ。治安部隊がデモ隊に催涙弾やゴム弾を発射し、複数のけが人が出たもようだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ