PR

ニュース 国際

米がJ&Jワクチン認可へ

昨年9月、ジョンソン・エンド・ジョンソンが開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンを準備する医療従事者(同社提供・AP=共同)
昨年9月、ジョンソン・エンド・ジョンソンが開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンを準備する医療従事者(同社提供・AP=共同)

 【ワシントン=住井亨介】米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は26日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、緊急使用許可を出すよう勧告を出した。FDAは近く許可を出す見込み。

 認められれば米製薬大手ファイザー、米バイオ企業モデルナが開発したワクチンに続き3例目となる。

 接種が先行する2ワクチンは2回の接種が必要だが、J&J製は1回の接種で済むため、ワクチンの普及に期待がかかっている。

 米国向けに3月末までに2千万回分が供給される見通し。接種から少なくとも28日後の段階で、中等から重篤な症状を抑える有効性は66%。

 諮問委員会では、FDAが分析した資料などを基に臨床試験データを討議。投票の結果、反対はなく、全員が勧告に賛成した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ