PR

ニュース 国際

ミャンマー大使が国連で国軍非難「戦争犯罪許さず」 弾圧阻止へ「行動」訴え

26日、国連総会で独裁への抵抗を示す3本指を掲げたミャンマーのチョー・モー・トゥン国連大使=米ニューヨーク(ロイター=共同)
26日、国連総会で独裁への抵抗を示す3本指を掲げたミャンマーのチョー・モー・トゥン国連大使=米ニューヨーク(ロイター=共同)

 ミャンマーでクーデター前から国連大使を務めるチョー・モー・トゥン氏は26日、国連総会の非公式会合で「国軍の戦争犯罪や人道に対する罪を容認すべきではない」とクーデターを非難した。欧米諸国などからも軍政を批判する声が相次いだ。ミャンマー国外にいる当局者が国軍を公然と非難するのは極めて異例だ。

 チョー・モー・トゥン氏は、選挙で選ばれた政府を代表して発言すると強調した上で、国軍による市民への弾圧を終わらせるため「国際社会からの強力な行動が必要だ」と訴えた。

 演説の最後には、ビルマ語でクーデターに抗議するデモ参加者らとの連帯を表明。アウン・サン・スー・チー氏らの解放を求めるとともに、独裁への抵抗を示す3本指も掲げた。会場からは拍手が湧き起こった。

 一方、中国の張軍国連大使はクーデターへの非難を避けつつ、国際社会は「緊張を激化させないようにすべきだ」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ