PR

ニュース 国際

ファイザー製ワクチン、2回接種で91%に抗体 英大学発表

米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチン(ゲッティ=共同)
米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン=板東和正】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、約91%に抗体が確認されたと発表した。30歳未満では100%、80歳以上の人に限ると約88%だった。

 調査は1月26日~2月8日に、英イングランドで2回接種した約970人を含めた15万人以上を対象に、指から採血する抗体検査を自宅などで実施した。

 1回だけ接種を受けた約3000人を対象にした検査では、30歳未満で約95%で抗体が確認されたが、80歳以上は約35%にとどまった。研究チームは「ワクチンを2回目も打つことが非常に重要だと示された」と強調した。

 一方、ワクチン接種をめぐっては、1回の接種で一定の効果があるとする研究成果もある。

 英エディンバラ大は22日、ワクチンの効果の調査で、ファイザー製の接種者は接種していない人に比べ、感染後に重症化して入院するリスクが約85%減少したと発表した。1回の接種者が対象の調査だったため、研究チームは「1回の投与で入院を防ぐ効果があるとの証拠が示された」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ