PR

ニュース 国際

ロケット弾で負傷 イラクの駐留米軍基地

 【カイロ=佐藤貴生】イラク中部のバラド空軍基地に20日、ロケット弾数発が撃ち込まれ、駐留米軍の仕事を請け負っているイラク人1人が負傷した。犯行声明は出ていないが、ロイター通信はイラク政府高官の話として、同様の攻撃はイランと連携するイスラム教シーア派の民兵組織が行ってきたと伝えた。

 15日には北部クルド自治区アルビルの米軍駐留拠点の周辺にロケット弾攻撃があり、米軍施設の請負業者1人が死亡、米兵ら少なくとも9人が負傷した。バイデン政権は報復の用意があると表明していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ