PR

ニュース 国際

ミャンマーで治安部隊が銃撃、デモ隊2人死亡 犠牲3人に

ミャンマー・マンダレーでクーデターに抗議するデモに参加し、負傷して搬送される男性=20日(ロイター)
ミャンマー・マンダレーでクーデターに抗議するデモに参加し、負傷して搬送される男性=20日(ロイター)

 【シンガポール=森浩】ミャンマー第2の都市マンダレーで20日、国軍によるクーデターに抗議していたデモ隊に治安部隊が発砲し、2人が死亡した。地元メディアが伝えた。少なくとも6人が負傷したもようだ。1日に起きたクーデター後の抗議活動をめぐる犠牲者は3人となり、国軍への反発がさらに強まることが予想される。

 マンダレーではこの日、造船所などで公務員らによるデモが行われていた。治安部隊数百人が出動して対応に当たっており、デモ隊に対して放水を実施した後、発砲に及んだもようだ。死亡した2人は、1人は頭部に、1人は胸に銃弾を受けたという。デモに参加していた少なくとも10人が拘束された。

 19日には、首都ネピドーで頭部を撃たれて重体となっていた女子学生、ミャ・トゥエ・トゥエ・カインさん(20)が死亡。最大都市ヤンゴンでは20日、路上に女子学生の写真が置かれ、デモ参加者が花を手向ける様子が見られた。

 拡大するデモに対して国軍は取り締まりを強化しており、地元市民団体によると、19日までの拘束者は全国で546人に上っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ