PR

ニュース 国際

コロナで苦境…収蔵品の売却検討 NYメトロポリタン美術館

米ニューヨーク市のメトロポリタン美術館=10日(共同)
米ニューヨーク市のメトロポリタン美術館=10日(共同)

 世界屈指の収蔵品を誇る米ニューヨーク市のメトロポリタン美術館が、新型コロナウイルス感染拡大で財政事情が悪化、収蔵品売却を検討している。

 美術専門家の一部が反対、署名運動を始めるなど波紋が広がっている。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、同美術館は、新型コロナによる訪問者減などで約1億5千万ドル(約158億円)の財源不足に陥る恐れがある。

 今後、黒人芸術家の作品購入など収蔵品の拡充のためにも、現収蔵品の一部売却を考えているという。

 米美術館などでつくる業界団体が昨年、2年間に限り、収蔵品の売却益を美術館の運営費などに充てることを事実上容認する内規変更を発表。これを受け、メトロポリタン美術館も売却の検討に入った。

 3月の理事会で正式決定する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ