PR

ニュース 国際

香港市民5000人が英特別ビザ申請 タイムズ報道

香港で昨年1月1日に行われたデモ(藤本欣也撮影)
香港で昨年1月1日に行われたデモ(藤本欣也撮影)

 【ロンドン=板東和正】英紙タイムズ(電子版)は18日、香港の旧宗主国、英国が導入した香港市民の英国永住権取得に道を開く特別査証(ビザ)制度について、1月末の受け付け開始から約2週間で約5千人の申請があったと報じた。

 中国による言論統制や法的規制の強化など民主社会への抑圧が進む中で、香港から逃れようとする市民が増えているとみられる。

 この制度は昨年6月末に中国が施行した香港国家安全維持法(国安法)への英政府の対抗措置。1997年の返還前に生まれた香港市民を対象に、英政府が発行する「英国海外市民(BNO)旅券」保有者とその扶養家族が申請できる。

 従来はBNO旅券を持っていても英国の永住・市民権はなく、滞在期間は6カ月間に制限されていた。だが特別ビザがあれば5年間の滞在が可能になり、滞在後に永住権を、その1年後に市民権を取得できる。

 同紙が英政府関係者の話として伝えたところによると、約5千人のうちの約半数は英国にすでに滞在している。一時的な宿泊施設も提供されているという。

 香港人でBNO旅券の保有者は約35万人。さらにBNO旅券の申請資格がある香港市民やその家族を合わせると、特別ビザの資格対象は500万人以上になると推定されている。英政府は、今後5年以内に26万~32万人が英国に移り住む可能性があるとみている。

 一方で、中国は英政府に反発し、BNO旅券を正式な旅券や身分証明として承認しないと表明し、さらなる措置を検討している。

 将来的にBNO旅券の保有者らが英国で市民権を取得した場合、中国が香港市民の身分を取り消すことが予想される。香港に帰郷したり、中国本土に入国したりする際に、問題が起きる恐れも懸念されている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ