PR

ニュース 国際

WHO、コロナ対策で2000億円必要 加盟国に拠出要求

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(AP)
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(AP)

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は18日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に今年は19億6千万ドル(約2070億円)が必要になる見通しだとして、各国にWHOへの資金拠出を訴えた。

 うち12億ドルは新型コロナの診断や、治療薬やワクチンの公平な分配などを目指す国際的枠組み「ACTアクセラレータ」に振り向けられる予定。6億4300万ドルは、紛争地や難民キャンプなど人道支援が必要な地域の人々の支援に使われるとしている。

 WHOは、昨年は17億ドルが必要になると訴え、テドロス氏によると15億8千万ドルが集まった。昨年は資金の9割以上を加盟国の新型コロナ対応に使い、ウイルス検査や医療従事者向けのマスクやガウンなどの個人防護具も提供した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ