PR

ニュース 国際

FB、豪州でニュース記事閲覧制限 使用料義務化法案に対抗

 【シンガポール=森浩】会員制交流サイト(SNS)大手、米フェイスブック(FB)は17日、オーストラリアで報道機関によるニュース記事の投稿や閲覧を制限すると発表した。豪州政府が、IT大手に対し地元メディアのニュース記事を表示する際、記事利用料の支払いを義務付ける法案を議会に提出したことへの事実上の対抗措置とみられる。

 今回の制限によって、豪州の報道機関はFBへのニュース記事の投稿ができなくなったほか、豪州国内のFB利用者は海外の報道機関のものを含めニュース記事を閲覧できなくなった。

 豪州のモリソン政権は、インターネットの伸長で新聞や出版業などの広告収入が激減していることなどを理由に、昨年12月に同法案を議会に提出。審議は進んでおり、近く採決される見通しとなっていた。

 FBは17日にブログに公表した声明で、法案について、FBとメディアの関係を「根本的に誤解している」と批判。FBにとってニュース記事を表示することで得られる「ビジネス上の利益はわずかである」とし、逆に豪州メディアがFBを活用して購読者や広告収入を増加させたと主張した。

 同法案をめぐっては米IT大手のグーグルも反発している。豪州のフライデンバーグ財務相はFBの制限措置を「不必要で強引だ」と批判しつつ、法案について「打開策を見つけるためFBと協議を続けることで合意した」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ