PR

ニュース 国際

中国、環境債1千億円発行 温室効果ガスゼロに特化

 中国の複数の企業が18日までに、温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」に使い道を特化した債券を初めて発行した。発行額は計64億元(約1千億円)。脱炭素社会を目指す習近平指導部は積極的に支持する方向で、活用が広がりそうだ。

 環境関連の事業資金を調達するための「グリーンボンド(環境債)」の一環。上海証券報などによると、債券発行には、電力大手の華能国際や、世界最大級の三峡ダムを手掛ける長江三峡集団、四川空港など6社が加わった。

 三峡集団は水力発電プロジェクト、華能は洋上風力発電、四川空港は成都天府国際空港(四川省成都)の整備に使うという。

 中国人民銀行(中央銀行)研究局の王信局長らは9日、風力や太陽光発電といった重点領域への金融支援を強化する方針を示した。中国の環境債の発行規模は2020年末で1兆2千億元規模に達し、米国に続く規模という。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ